新着情報
INFORMATION

雪と氷のアーティスティックファンタジー❣札幌雪まつり

2020.2.12(水)

雪と氷のアーティスティックファンタジー❣札幌雪まつり

ご縁があって、念願の「札幌雪まつり」会場を
訪れるチャンスに恵まれました。



ご説明するまでもありませんが、ここは、札幌の中心部「大通り公園」。
毎年、この時期「札幌雪まつり」開催されます。
今年は、2月4日(火)〜2月11日(火・祝日)の開催で、
訪ねた日は、最終日の11日。
例年、報道では大混雑の模様を伝えていましたが、
今年は、連日の報道通り、外国人(特に中国の方)の姿が初訪問とは言いながら
少ないかなと言う印象がありました。
とは言っても、メイン会場となる「大通り公園」は賑やかで、
今回も素晴らしい、大小様々な雪像が見に訪れた人たちの感動を呼んでいました。



札幌テレビ塔。
九州人感覚で申し上げるなら、「北海道の冬にも青空が広がるんだ」デシタ。
それでは、感動の大雪像を巡ってみましょう。



HBCポーランド広場にある大雪像。
2019年に日本との国交100周年を迎えたことから
ポーランド共和国をテーマにしました。
大雪像は、ポーランドワルシャワのワジェンキ公園に建つ
水上宮殿・・・圧巻!。



北海道の創生神話を語り継ぐアイヌ文明。
アイヌの天地創成神話の一つである「アイヌラックㇽ伝」。
雷神(カンナカムイ)と森の女神(チキサニ姫)の恋物語から、
人間らしい神爛▲ぅ魅薀奪ㇽ瓩誕生すると言う

まさに神秘な逸話が今も語り継がれています。







こちらは、みなさんご存じ「サラブレッド馬」の大雪像。
サラブレッドの98%が、ここ北海道の牧場で誕生しています。
競走馬の歴史に残り、ファンの記憶に残る愛すべき名馬が
ここで誕生しているのです。
上記のテーマは、世界最高峰のレース凱旋門賞をいつか必ず制するんだ!
と言う熱い想いを形にしています。



心和む雪像も数多くありました。



ここで、一休み・・・。



混雑してる?。と言っても例年よりも圧倒的にゆったりなんだそうです。



思った以上に、会場が広かった('◇')ゞ。
お散歩しながら、
氷と雪の芸術作品をゆっくりと鑑賞でき
さらに、北海道の海の幸と自慢のグルメに舌鼓・・・。
なんて素敵な時間の過ごし方でしょう(^^♪。

仕事の事は、しばし横に置いといて、
心に、ゆとり時間をもちましょう。





👆、素通りはちょっとできにくい・・・('◇')ゞ。。

札幌雪まつりのチョイレポートでした。
(記事:Rinko)





スポンサー