新着情報
INFORMATION

北海道屈指の超豪邸「にしん御殿」はニシン漁師の夢と誇りの塊だった

2021.7.28(水)

北海道屈指の超豪邸「にしん御殿」はニシン漁師の夢と誇りの塊だった

この連休に北海道を
旅しているという方より
お写真を投稿頂いています。
行った気になって
気持ちが晴れます。

さて今回は👇の今を
ご紹介して頂きました。
ほやほや情報です。

ここは
通称「にしん御殿」と呼ばれている
「旧青山別邸」。(小樽の観光名所)
建立したのは、その名の通り
大正時代にニシン漁で
巨万の富を手にしたという
ニシン漁大網元の青山家。
その超豪邸の総工費は
大正時代で31万円。
現在に換算すると35億円とも
それ以上とも
言われています。
ちなみに大正時代の1円が
今の4,000円ぐらいらしくて。
身近なところで、
当時の小学校教諭の初任給は
50円。
まさに、北海道屈指の豪邸。







贅沢極まる佇まい。
お城か神社の天井画と
また少し趣が異なるような
気がします。
なんせ、「金に糸目を付けない」
豪邸ですから。




アジサイは今が見頃。







ここも
訪れてみたい
観光スポットです。
ご投稿ありがとうございました

小樽貴賓館(にしん御殿)










スポンサー