新着情報
INFORMATION

黒田官兵衛ゆかりの地を訪ねました。

2014.3.19(水)

黒田官兵衛ゆかりの地を訪ねました。

黒田官兵衛の九州最初の居城となる馬ヶ岳城など、ゆかりの地を訪ねました。

黒田 孝高(くろだ よしたか)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。 

諱(実名)は初め孝隆(読み同じ)、のち孝高といったが、一般には通称をとった黒田 官兵衛(くろだ かんべえ)[注釈 2]、あるいは出家後の号をとった黒田 如水(くろだ じょすい)として広く知られる。 

豊臣秀吉の側近として仕え、調略や他大名との交渉などに活躍した。竹中重治(半兵衛)と双璧をなす秀吉の参謀であり、後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称された。 

また、キリシタン大名でもあった。子に黒田長政がいる。 

孝高に関する話は、ルイス・フロイスなどの宣教師、菩提寺の崇福寺住職景轍玄蘇といった直接面識のあった人物の記述の他、『川角太閤記』(川角三郎右衛門著、江戸時代初期)、『名将言行録』(岡谷繁実著、1869年)、『黒田如水伝』(金子堅太郎著、1916年)などによる、伝聞を記述された物も多く知られる。例えば備中高松城水攻めと中国大返しは孝高の献策などといった話は、黒田家の命において寛文11年(1671年)に編纂を開始された『黒田家譜』(貝原益軒著、1688年)以降の逸話である。

スポンサー