新着情報
INFORMATION

ついにお鍋の季節!皮切りは「河豚鍋(フグ鍋)」です❤

たべる 行橋市

2017.10.30(月)

ついにお鍋の季節!皮切りは「河豚鍋(フグ鍋)」です❤

空気は日に日に冷たく、日没は駆け足で早く、
にわかに長い夜を予感させる季節のはじまり・・。

というわけで、お鍋の季節がやって参りました。
華マルシェおススメの「冬グルメ❤」
今年初のお鍋料理屋さんのご紹介店はこちら。


はい、河豚(フグ)です。
はふはふお鍋の前を頂く前に、堂々の登場!!「フグ刺し」。

ここは、福岡県行橋市中央3-5-33にあります、
ご存じ、河豚料理の老舗「呑河豚」(どんぷく)。
河豚コースはおひとり様5,000円〜。

この日の前菜は「アンコウの胃袋」。くせがなくコリコリとした食感で酢醤油がよく合います。
コリコリ感がとっても良かった。
(♪あんこ〜ぉ、だよりぃはぁ〜♪、あんこぉ〜だよりはぁ〜♪っか)※昭和ですみません(__)。


こちらは、河豚の天ぷら。身がしっかりしていて、揚げたてを頂くとサクッという小気味よさが
お口全体に広がります。肉厚で、骨離れがよく、白身にしっとり沁み込んだ塩加減がバッチリ!
天ぷらは、なんと言っても揚げたてが一番ですね。


美味しすぎて何度も登場してますねこの「フグ刺し」写真!(^^)!。
河豚と言えば「菊盛り」。等間隔に整然と並んだ、まさに菊の花ビラを示す盛り方が「菊盛り」ですが、
呑河豚さんはこんな感じです。
私は、幼い頃漁師の町で育ったせいか、お刺身はまずお醤油抜きで頂きます。
で、魚の鮮度と食感、そして魚の持ち味である「甘さ」を確かめます。
・・・ん〜❤。河豚の鮮度はバツグン。コリコリの食感と河豚の甘さをしっかり楽しむことができました。
※河豚刺しにねぎを巻いて頂くのが一般的だと思っていましたが、呑河豚さんは小口切り。


これ、ひれ酒です。ふたを取ったと同時にマッチの火を近づけるとお酒の表面が「さ〜っ!」と
明るくなり炎が舞い上がります。残念ながら、間に合わない・・目にも止まらぬはやわざです。
ホントにほんの一瞬です。


湯気に包まれた野菜やメインの河豚たち。
お餅も柔らかくしてポン酢で頂きます。寒い時に鍋をお箸で囲むと会話が弾みますね〜。
大満足のひと時でした★★★★★。
(※ま、今はおひとり様が流行っているのでおひとり様鍋もVery Goodでございます❤)

この後は、雑炊とデザートのゆずシャーベット(・・・だったはず)。
冬の王者「鍋料理」。
これからが、本番です。






スポンサー